NEWS 環境と農薬

ミツバチはネオニコチノイド入りの餌を好む

投稿日:2021年8月30日 更新日:

写真クレジット:Benson Kua

Bees prefer neonicotinoid-laced food 科学雑誌Natureに掲載された研究によると、ミツバチはネオニコチノイド系農薬を含む花粉に依存している可能性があるといいます。 研究者たちは、ミツバチとマルハナバチに、ネオニコチノイドの中でも特によく使われるイミダクロプリド、チアメトキサム、クロチアニジンを含んだ餌と、殺虫剤を含まない餌を与えました。ハチは一貫して、殺虫剤を

この記事は会員のみ閲覧可能です。ログインして、閲覧ください。

新規会員登録は以下より登録いただけます。

既存ユーザのログイン
   

-NEWS, 環境と農薬

Copyright© Japan Medical Organic Association , 2021 All Rights Reserved.