NEWS 生態と農薬

3つのネオニコチノイドはミツバチの個体群に「高いリスク」をもたらす

投稿日:2021年4月26日 更新日:

写真クレジット:Mike Linksvayer

Three neonicotinoids pose a ‘high risk’ to bee populations 欧州食品安全局(EFSA)の報告では、ネオニコチノイドのクロチアニジン、イミダクロプリド、チアメトキサムは、葉面散布として適用した場合、ハチに高いリスクをもたらすと考えられています。EFSAは声明の中で、「ミツバチの保護と花粉媒介者の保護は農薬のリスク評価で考慮する重要な要素の1つ

この記事は会員のみ閲覧可能です。ログインして、閲覧ください。

新規会員登録は以下より登録いただけます。

既存ユーザのログイン
   

-NEWS, 生態と農薬

Copyright© Japan Medical Organic Association , 2021 All Rights Reserved.