人体・健康:全般・その他 人体・健康:子供 人体・健康:病気

寝具のほこり中の難燃剤は暴露経路である

投稿日:2020年3月16日 更新日:

Photo credit: Toshiyuki IMAI

Flame retardants in bedding dust may be exposure route Chemosphereで発表された研究では、シーツはいくつかの難燃剤について最高レベルで陽性であることが判明し、皮膚、特にシーツのほこりを介した暴露の潜在的なリスクが強調されました。「寝具や家具との皮膚接触など、粉塵摂取以外での人間の暴露経路も考慮すべきです」と著者らは結論付けています。

この記事は会員のみ閲覧可能です。ログインして、閲覧ください。

新規会員登録は以下より登録いただけます。

既存ユーザのログイン
   

-人体・健康:全般・その他, 人体・健康:子供, 人体・健康:病気

Copyright© Japan Medical Organic Association , 2022 All Rights Reserved.