NEWS 汚染・暴露の状況

ネオニコチノイドとミツバチ衰退の相関

投稿日:2021年9月13日 更新日:

写真提供者:Bob Peterson

Large-scale study correlates neonicotinoid use with honeybee decline Scientific Reports誌に掲載された研究において、イギリスとウェールズにおける菜種畑でのネオニコチノイドの使用と花粉媒介者の死亡率との関連が調査されました。菜種はヨーロッパで最も一般的に植えられる油料種子で、通常ネオニコチノイドでコーティングされた

この記事は会員のみ閲覧可能です。ログインして、閲覧ください。

新規会員登録は以下より登録いただけます。

既存ユーザのログイン
   

-NEWS, 汚染・暴露の状況

Copyright© Japan Medical Organic Association , 2021 All Rights Reserved.