NEWS 汚染・暴露の状況

「良性の」殺菌剤はマルハナバチに悪影響を及ぼす

投稿日:2021年9月27日 更新日:

写真提供者:USGS Bee Inventory and Monitoring Lab

“Benign” fungicides negatively affect bumble bees 農薬はミツバチに害を及ぼすことが知られていますが、殺菌剤は一般的に安全であると考えられてきました。しかし、科学ジャーナルInsectsに掲載された研究では、殺菌剤への暴露がマルハナバチのコロニーの全体的な安寧を低下させ、次世代が生存のリスクにさらされることを実証しています。 研究では、研究者らはマル

この記事は会員のみ閲覧可能です。ログインして、閲覧ください。

新規会員登録は以下より登録いただけます。

既存ユーザのログイン
   

-NEWS, 汚染・暴露の状況

Copyright© Japan Medical Organic Association , 2021 All Rights Reserved.