NEWS 汚染・暴露の状況 農薬の影響

コスタリカにおける妊婦の高濃度農薬曝露

投稿日:2022年5月23日 更新日:

写真提供:Melalouise

High levels of pesticide exposure in pregnant women in Costa Rica コスタリカのバナナ農園の近くに住む妊婦から、殺菌剤マンコゼブが高濃度で検出されたことが、Environmental Health Perspectives誌に掲載された研究により明らかになりました。マンコゼブは、主に米国への輸出用に栽培されたバナナに、カビによる病気を

この記事は会員のみ閲覧可能です。ログインして、閲覧ください。

新規会員登録は以下より登録いただけます。

既存ユーザのログイン
   

-NEWS, 汚染・暴露の状況, 農薬の影響

Copyright© Japan Medical Organic Association , 2022 All Rights Reserved.