NEWS 人体・健康:病気 汚染・暴露の状況

家庭のほこりに含まれる難燃剤と小児白血病の関連性

投稿日:2022年9月19日 更新日:

写真提供:ウィッカーパラダイス

Flame retardants in household dust linked to childhood leukemia 家庭のほこりは、人々が難燃剤にさらされる方法のひとつです。ポリ臭化ビフェニルエーテル(PBDE)は、家庭用品によく含まれる難燃剤で、環境中に残留するものです。PBDEの一部(オクタ製剤とデカ製剤)は人体への毒性があるため、段階的に削減されてはいるものの、多くの家庭で未だに

この記事は会員のみ閲覧可能です。ログインして、閲覧ください。

新規会員登録は以下より登録いただけます。

既存ユーザのログイン
   

-NEWS, 人体・健康:病気, 汚染・暴露の状況

Copyright© Japan Medical Organic Association , 2022 All Rights Reserved.