NEWS 環境と農薬

2021/10/18

オーガニック農法は水質汚染を減らす

Organic farming methods reduce water pollution Sustainable Agriculture Research誌に掲載された研究では、米国における水路の水質汚染を減らすために、オーガニック農法が活用できることを発見しました。農業土壌から排水システムへの硝酸塩の浸出は、中西部上流州の水質汚染の主な原因です。従来の農業における肥料の大量使用に伴う環境への (さらに…)

NEWS

2021/10/11

【11/10締め切り】Doctor's Organic box 12月配送分の受付が始まりました!

2021年12月配送分の受付が始まりました。 締め切りは11/10(水)です。 2021年12月のテーマは「Detox Food 体のデトックスをサポート」です   「Doctor's Organic Box」とは 医療従事者のために医師が厳選した「食」が学べる宅配サービスであるDoctor's Organic Box。 石黒医師監修のもと、毎月のテーマに沿った「食と健康の情報誌」と、厳 (さらに…)

NEWS 生態と農薬

2021/10/11

在来生息地は農薬の有害な影響からミツバチを保護する

Native habitat can protect native bees from the harmful effects of pesticides 農地の増加や密度の増加によってハチの生息地が失われることが、野生のハチの個体数減少に大きな影響を与えていることは、多くの研究で実証されています。しかし、農場での農薬使用が野生のハチの集団に与える影響についてはほとんど知られていません。 Proc (さらに…)

NEWS 生態と農薬

2021/10/4

慢性的な農薬暴露がミツバチの健康に及ぼす影響

Effect of chronic field-realistic exposure to the neonicotinoid, Imidacloprid, on honeybee colony health PLOS One誌に掲載された研究によると、ネオニコチノイド系農薬であるイミダクロプリドが、ミツバチの健康に悪影響を及ぼす可能性があることがわかりました。 この研究は、メリーランド大学とUS (さらに…)

NEWS 生態と農薬

2021/9/27

「良性の」殺菌剤はマルハナバチに悪影響を及ぼす

“Benign” fungicides negatively affect bumble bees 農薬はミツバチに害を及ぼすことが知られていますが、殺菌剤は一般的に安全であると考えられてきました。しかし、科学ジャーナルInsectsに掲載された研究では、殺菌剤への暴露がマルハナバチのコロニーの全体的な安寧を低下させ、次世代が生存のリスクにさらされることを実証しています。 研究では、研究者らはマル (さらに…)

オーガニック関連 NEWS 人体と農薬 有機物を食べると農薬への暴露が減る Eating organic reduces pesticide exposur ... NEWS 人体と農薬 小児の呼吸器疾患に関連する早期の有機リン酸塩曝露 Early organophosphate exposure linked to ... NEWS 人体と農薬 子供の難燃剤への出生前および出生後の曝露の影響 E (さらに…)

Copyright© Japan Medical Organic Association , 2021 All Rights Reserved.