わたしたちは、なぜオーガニックを選ぶのか?

よく、聞く「オーガニック」とう表記。
なんとなく良いイメージがある方が多いと思いますが、オーガニックとは医学的に・本質的に何がいいのでしょうか?

オーガニックとは何なのか?
なぜ、オーガニックが良いといわれているのでしょうか?

オーガニックが大切な理由

私たちの当会理事でもあり、今でも医師として最前線でご活躍される柳澤先生に、
食の大切さと今なぜ「オーガニック」が大切なのかについて語っていただきました。
ぜひ、ご覧ください。

メディカルオーガニック協会 代表理事 柳澤 厚生先生

■オーガニックが大切な理由■
1)私たちの人体に与える影響
2)日本の農薬事情
3)オーガニックにしか存在しない 天然の健康成分「サルベストロール」

オーガニックを選ぶ12の理由

我々がオーガニックを選ぶメリットをご説明します。ぜひご覧ください。

1. オーガニックは、健康面で意味のある結果をもたらす唯一の選択肢です。

有害物質の暴露、先天性欠損症、学習障害、肥満、水質汚染、家畜の虐待など、従来の食品システムに起因する問題を見逃すことはできません。しかし、オーガニック認証ラベルは、人々が必要としている栄養価の高い食品を提供し、有害物質の使用を最小限に抑え、土壌の質を高め、水質を保護する方法で栽培されている点で際立っています。
毒物の使用を最小限に抑えながら、土壌の質を高め、水の質を守る方法で栽培された栄養価の高い食品を提供しています。オーガニック食品の分野が成長し、ダイナミックになることで、農業全体や、1日3食をアメリカの農家に頼っているすべての人々に有益な変化がもたらされます。

2. 有害な合成農薬への曝露を減らすことができます。

従来の農家は、平均して2〜12種類以上の合成農薬を作物に使用しています。従来の農家で栽培された葉物野菜、ピーマン、木の実、ベリー類、ブドウなどには、平均して3〜4種類の残留農薬が含まれています。広く使用されているいくつかの農薬の残留物は、子供の成長に微妙な変化をもたらす可能性があり、ADHD(多動性障害)、自閉症、肥満、ある種の癌など、さまざまな健康問題との関連が指摘されています。

3. 食べ物の栄養価を高めます。

オーガニック栽培の作物は、生物学的に活性化した健康な土壌で育てられます。オーガニック農法で栽培された作物は、従来の農法で栽培された作物に比べて、1エーカーあたりの収穫量が少なく、栽培に時間がかかることが多いのですが、オーガニック農法の土壌に育まれた植物には、重要な抗酸化物質やミネラル、ビタミンが多く含まれています。

4.花粉を運ぶミツバチをサポートできます。

花粉媒介者であるミツバチたちは困っています。商業養蜂家は、毎年冬になると平均して30%のコロニーを失うと言われています。これは、アーモンド、リンゴ、キュウリ、アボカド、オレンジ、ベリー類など、ミツバチが受粉する作物にとって問題となります。蜂の死の主な原因のひとつは、農薬への暴露です。オーガニック農園では、これらの有害な化学物質を使用せず、花粉媒介者に多様な生息地と食料源を提供しているため、従来の農園に比べて花粉媒介者の種の多様性が50%以上向上しています。

5. 抗生物質耐性菌にさらされるリスクを減らします。

従来型の畜産農家の多くは、成長ホルモン、抗生物質、その他の合成化学物質を組み合わせて使用し、家畜がより早く成長し、より大きくなり、1日により多くのミルクや卵を生産するように仕向けています。実際、食用動物には、毎年3,300万ポンド以上の抗生物質が使用されています。
このような抗生物質の過剰使用により、抗生物質耐性菌が蔓延しています。オーガニック農場では抗生物質を使用していないので、オーガニックを選択することは、自分自身のリスクを減らすだけでなく、世界中での抗生物質耐性菌の蔓延を防ぐことにもつながります。

6. 家畜に健全な敬意を払えます。

従来の農場で飼育されている家畜の多くは、混雑したストレスの多い環境で生活しているため、動物の健康状態が損なわれ、薬物依存症が増加し、自然な行動をとる機会が失われています。しかし、全米オーガニックプログラム(NOP)のルールでは、オーガニック栽培された動物は、牧草地を含む屋外にアクセスし、自然な行動をするための十分なスペースを確保しなければならないとされています。

7. 地元の作物品種を後世に残せます。

現在、世界中で食べられている食料の50%は、4つの植物種と3つの動物種から作られています。一握りの多国籍企業が、世界の種子市場の50%以上を所有・管理しています。小規模なオーガニック農場では、次世代が楽しめるように平安時代の希少な種子を保存しています。アメリカには、10,900以上のオーガニック認定農場・牧場があり、400万エーカー以上のオーガニック・エーカーがあります*。

8. 水質を改善し、飲料水の安全性を高めます。

農作物の畑に降り注ぐ雨は、一定量の土壌や栄養分、化学物質を下流や地下帯水層に運びます。1エーカーあたりの農薬散布量が多ければ多いほど、水質保全の課題は大きくなります。メキシコ湾のデッドゾーンは、何百万エーカーもの土地から流れ出た農作物の化学物質が大河ミシシッピに集まり、甚大な被害をもたらした最もわかりやすい例です。

7. 農村景観の生物多様性と美しさを促進できます。

オーガニック農家は、生物多様性を促進するだけでなく、地上と地下の両方で生物多様性に依存しています。経験豊富なオーガニック農家は、何十年にもわたって、複数の作物と家畜やその他の動物を組み合わせることが、土壌の健康を促進し、1年に1エーカーに降る雨や日光を十分に活用するための最良の方法であることを学んできました。

10. 健全な土壌を維持できます。

健全な土壌は、成功しているすべてのオーガニック農場の基盤です。過去50年間に行われた何百もの研究では、オーガニック農場と近隣の慣行農場の土壌の質が比較されており、事実上すべての研究者が、輪作を含むオーガニック管理の実践は土壌の質を大幅に向上させ、窒素や有機成分を回復させ、炭素を封じ込めて地球温暖化対策に役立つと結論づけています。

11. オーガニック食品は濃厚な味わいになります。

研究によると、オーガニック栽培の果物や野菜は、味を向上させる栄養素が多く含まれており、水分や糖分の濃度が低いことが多いです。その結果、より濃厚で複雑な味わいが得られるのです。さらに、オーガニック食品には人工着色料や保存料は一切使用されていません。

12.農業従事者や近隣の農村の人々のために、より健康的な労働環境を作れます。

農作業は、鉱業に次いで危険度の高い職業の一つです。農場で働く人々やその周辺に住む人々は、細心の注意を払わない限り、有毒な農薬や腐食性肥料などの化学物質にさらされる危険性があります。オーガニック農家では、リスクの高い化学物質を使用しないため、労働者や近隣住民が心配する健康リスクが一つ減りました。

より詳しい情報や情報源については、www.organic-center.org をご覧ください。

◆オーガニックとは?

オーガニック食品の生産方法は、生物多様性、栄養素の生物学的循環、植物と動物を促進します。
認定されたオーガニック農家は、有害な合成農薬や人工肥料、不要なホルモン剤や抗生物質を使用してはいけません。
その代わりに、土壌と生態系の健康を回復、維持、強化する方法を採用しています。
遺伝子組み換え作物、人工成分、トランス脂肪酸も使用できません。

原文リンク:
https://www.organic-center.org/top-twelve-reasons-go-organic

投稿日:2021年10月6日 更新日:

Copyright© Japan Medical Organic Association , 2021 All Rights Reserved.