NEWS 自然環境・生態 農薬の影響

ネオニコチノイドへの低濃度曝露によりミツバチの運動能力が低下

投稿日:2022年7月18日 更新日:

写真提供:Lennart Tange

Low-level exposure to neonicotinoids weakens bees’ motor skills 致死量以下のネオニコチノイド系農薬に長期間さらされると、働き蜂の運動能力に悪影響を及ぼすことが、Ecotoxicology誌に掲載された研究により明らかになりました。研究者らは、4種類のネオニコチノイド系農薬を、一般的な農薬栽培作物の採食により暴露するのと同程度の低レベル

この記事は会員のみ閲覧可能です。ログインして、閲覧ください。

新規会員登録は以下より登録いただけます。

既存ユーザのログイン
   

-NEWS, 自然環境・生態, 農薬の影響

Copyright© Japan Medical Organic Association , 2022 All Rights Reserved.