NEWS 自然環境・生態 農薬の影響

農薬がミツバチの免疫システムに悪影響を与える

投稿日:2021年12月27日 更新日:

写真提供:ボブ・ピーターソン

Pesticides harm honey bee immune systems イタリアで行われた研究で、ネオニコチノイド系農薬がミツバチの健康に悪影響を及ぼすことが確認されました。PNAS誌に掲載されたこの研究は、ネオニコチノイドがミツバチの免疫機能にどのような影響を与えるか、その分子メカニズムを調べたものです。その結果、ネオニコチノイド系農薬は、低レベルの暴露でも、ミツバチの免疫系に悪影響を

この記事は会員のみ閲覧可能です。ログインして、閲覧ください。

新規会員登録は以下より登録いただけます。

既存ユーザのログイン
   

-NEWS, 自然環境・生態, 農薬の影響

Copyright© Japan Medical Organic Association , 2022 All Rights Reserved.