NEWS 自然環境・生態 農薬の影響

農薬が花粉帯を汚染する可能性

投稿日:2022年3月21日 更新日:

写真クレジット:Montgomery County Planning Commission

Pesticides may even contaminate pollinator strips ルイジアナ州立大学アグセンターの研究によると、花粉媒介者のために保護・隔離された地域でも、ネオニコチノイド系農薬に汚染されている可能性があることがわかりました。ネオニコチノイド系殺虫剤は、川などの水源、殺虫剤の標的ではない植物、さらにミツバチ製品に含まれるなど、ますます汚染が広がりつつあります。ネオ

この記事は会員のみ閲覧可能です。ログインして、閲覧ください。

新規会員登録は以下より登録いただけます。

既存ユーザのログイン
   

-NEWS, 自然環境・生態, 農薬の影響

Copyright© Japan Medical Organic Association , 2022 All Rights Reserved.