NEWS 汚染・暴露の状況

在来生息地は農薬の有害な影響からミツバチを保護する

投稿日:2021年10月11日 更新日:

写真クレジット:Julia Koefender

Native habitat can protect native bees from the harmful effects of pesticides 農地の増加や密度の増加によってハチの生息地が失われることが、野生のハチの個体数減少に大きな影響を与えていることは、多くの研究で実証されています。しかし、農場での農薬使用が野生のハチの集団に与える影響についてはほとんど知られていません。 Proc

この記事は会員のみ閲覧可能です。ログインして、閲覧ください。

新規会員登録は以下より登録いただけます。

既存ユーザのログイン
   

-NEWS, 汚染・暴露の状況

Copyright© Japan Medical Organic Association , 2021 All Rights Reserved.