NEWS 汚染・暴露の状況

致死量以下の殺虫剤への曝露がハエトリグモの行動を変える

投稿日:2020年12月21日 更新日:

写真クレジット:USGS bee inventory and monitoring lab

Exposure to sub-lethal levels of insecticide alters behavior of jumping spiders ジャーナル「Functional Ecology」に掲載された新しい研究では、有機リン系殺虫剤への低レベルの曝露は、農業システムの重要な有益な捕食者であるハエトリグモの個々の行動を変える可能性があることを実証しました。 若いハエトリグモは果

この記事は会員のみ閲覧可能です。ログインして、閲覧ください。

新規会員登録は以下より登録いただけます。

既存ユーザのログイン
   

-NEWS, 汚染・暴露の状況

Copyright© Japan Medical Organic Association , 2021 All Rights Reserved.